車屋が高さ3.9mの集客用看板を設置した流れを徹底解説

はじめに

当店は開業から2年になりますが、このタイミングで集客のために自立看板を設置することにしました。看板の設置を検討される同業者さまの参考になれば嬉しいです。

看板を設置する場所と理由

看板は下図の★の位置(当店所有地)に設置します。

当店は国道から40mほど奥まった場所に立地していますが、幸いなことに僕がWeb集客のノウハウを持ち合わせていたため、この立地にもかかわらず下請けを一切せず一般顧客だけで利益を出してきました。

しかし、世の中何が起こるか分かりません。現状から考えるとWeb集客だけで利益を出し続けることも可能なのですが、Web集客に100%依存するというのはリスクが高いと判断したため看板集客も併せて行おうと考えました。

設置の流れ

看板を設置する際に行った実際の流れを説明します。

制作の大枠を決める

ネットで「○○市 看板」などのキーワードで看板屋を探して見積もりを依頼しました。

相談をする中で、今回はこちらの仕様で制作することになりました。

  • 全長3.9m/幅1.2m
    ▶︎費用を抑えるために全長4.0m以下にするのがポイント。全長4.0mを超えると建築基準法上「工作物」に分類され行政へ別途申請が必要となり手間や費用が増える。
  • 反対車線からも見えるように看板面は裏表両面
  • 看板面はアルミ複合板にインクジェット印刷シートを貼り付け
  • 将来的にアームライトを取り付けられるように部品を設置
    ▶︎アームライトの取り付けには電気工事を含めて別途30万円程度の費用が必要だったので今回は断念。

提示された見積もり金額は「319,000円(税込)」でした。全長が3.9mということで「やはりそれなりの金額がするな」というのが率直な感想。

相見積もり

先ほどと同じ要領で、さらに2社の看板屋を探して相見積もりを依頼しました。

実際に相見積もりをした結果がこちらです。

税込費用
1社目319,000円
2社目272,800円
3社目253,000円

3社とも使う材料や手法が同じだったため、一番安い3社目に依頼することにしました。1社目よりも6.6万円も安いので、やはり相見積もりは必要だなと思いました。

デザイン案の作成

「看板にどのような文字を載せるか」を考えるのは看板屋ではなく車屋の仕事だと考えます。自社の強みや、見込み客が求めているものを一番知っているのは車屋だからです。僕はチラシやホームページなどを制作する際もデザイン案は自分で考えます。

まずはGoogleマップのストリートビュー機能で大手カー用品店や大手中古車店が看板にどのような文字を載せているかを調査しました。「車検」「オイル交換」「中古車買取」など多岐に渡ります。

看板に入れる文字を考える際には2つの点に気をつけました。

  1. 情報を入れ込み過ぎない
    ▶︎必要性の薄い情報を入れてしまうと本来目立たせたい情報が目立たなくなる。さらに、時速60kmで走る車内から認識できる情報量は非常に少ないはず。
  2. 顧客が分かる表現にする
    ▶︎たとえば「板金」という言葉は専門用語なので不適切だと判断。

これらの観点を踏まえて、こちらの文字を載せることに。

  • 車検○○円
  • タイヤ
  • オイル
  • 車販売
  • キズ修理
  • (店舗ロゴ)

文字が決まったため、PowerPointを用いてデザイン案を5パターンほど作成し、友人などから意見をもらいながらデザイン案を磨きました。

デザイン決定

デザイン案を元に看板屋と僕で4往復ほどデザイン修正を行いデザインを決定しました。

現地立ち会い

看板屋に現地に来ていただき、設置の具体的なイメージをすり合わせました。

このとき、デザインを縮小印刷したサンプルを見たスタッフから「赤色は紫外線で消えやすいけど大丈夫ですか?」という意見をもらったため、赤色に少し黒色を混ぜる対策をとることに。

近隣挨拶

設置工事の際にはコンビニ来店客の出入りを4〜5時間ほど妨げてしまいます。そのため、コンビニに菓子折を持ってご挨拶に伺いました。

製造

デザインが決まってから1週間ほどで看板ができました。

工事の日程調整

看板屋・コンビニ・当店の3社で日程調整を行いました。

施工

施工は4〜5時間かけて無事に完了しました!大きな看板でかなり目立つので集客効果が楽しみです!

看板の耐用年数

今回の看板面は「アルミ複合板にインクジェット印刷シートを貼り付け」というものです。自立看板では一般的な材料ですが、風雨や紫外線の影響を受けて通常5年程度で貼り替えが必要になります。

総額「253,000円」のうち半分以上の「136,400円」が看板面(裏表合計)のものだったので、5年ごとに「136,400円」と別途作業代がかかることは覚えておきたいところ。

まとめ

看板は一度設置すると変更が効かない広告物ですので慎重な検討が必要ですね。

TOP