車屋の集客に効果的なSNSは?Twitter、Facebook、Instagram?

はじめに

「これからは個の力を生かしてSNSで集客する時代だ!」と言われて久しいですが、皆さまの周りでSNSを活用して集客している車屋はまだそれほど多くはないと思います。

そこで今回は「車屋はSNSで集客できるのか?」「どのSNSが集客に効果的なのか?」といった点についてまとめてみました。

日本における各SNSの利用率は?

総務省が各SNSの利用率の統計をまとめてくれています。

出典:総務省 / 令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書 / 【令和2年度】主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)

こちらを見ると一目瞭然ですが、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「Youtube」が強いです。今回はこれら5つに絞って検討します。

Twitter・Facebook・Instagramで集客できるの?

一般的にSNSと言われて想起するのは3大SNSと呼ばれている「Twitter」「Facebook」「Instagram」だと思います。

しかし、3大SNSで集客するのは一般の車屋にとって得策とは言えません。地道に続けるとパラパラと集客に繋がるかも知れませんが、その状態になるまでの手間を考えるとオススメはできません。

そもそも一般顧客がわざわざ車屋のSNSをフォローして、「今度の車検はここに任せよう」となるイメージがあまり湧きません。実際にTwitterでも聞いてみましたが、やはり3大SNSでの集客は難しいようです。

しかし、3大SNSと相性の良い車屋もあります。それは趣味性の高い車屋です。

カスタムカーファンや旧車ファンなど、こだわりの強い層に向けてピンポイントで発信するのは非常に効果があります。実際に数千人以上のフォロワーさんを抱えているアカウントもたくさんあります。

この場合「Twitter」または「Instagram」をオススメします。同時に始めてみて、感触の良い方を残すというのが1つの手だと思います。

LINE・Youtubeで集客できるの?

さて、一般の車屋は3大SNSでの集客が難しいというのは分かりました。残る「LINE」と「Youtube」ですが、この2つは両方ともオススメです。

LINE

LINEは他のSNSと違って拡散性がないので、単独での「新規集客」には向きません。しかし、とても効果的な活用方法が2つあり、これらは特に1店舗経営の車屋にオススメです。

活用方法①:ホームページ等で問い合わせを促す

企業のホームページ等でこのような「友だち追加ボタン」を見たことはないでしょうか?

友だち追加ボタンのサンプル

このボタンはホームページ等でのお問い合わせのハードルを下げるのに有効です。

一般的なホームページにおけるお問い合わせ手段は「電話」と「フォーム」ですが、それらには顧客目線で見たときに大きな弱点があります。

  • 電話:営業時間しか繋がらない。写真を送れない。電話が苦手。
  • フォーム:写真を送れない。すぐに返信が来ない。

「LINE」はこれらの弱点を補ってくれるので、「電話」「フォーム」と併せて使うことで問い合わせ率はUPします。

活用方法②:既存顧客にリピートを促す

店舗にご来店いただいた顧客に対して「友だち登録」を促せばリピート率UPに繋がります。

しかし、飲食店などでよく目にする「友だち登録してくれたら本日のデザート無料」などは、登録後に即ブロックされるだけなので全く意味がありません。実際に僕もデザート欲しさに登録して、すぐにブロックした経験は数知れず 笑

なので下記のような本質的な顧客体験の向上につながる運用が必要になります。

  • 写真を送ると鈑金塗装の見積もりをしてくれる
  • 事故・故障のときにすぐに対応してくれる
  • 来店せずに中古車の見積もりを画像付きでくれる
  • 電話せずに車検の予約をできる

ちなみに、LINEをビジネスで用いる場合は「LINE公式」の登録が必要です。最初は無料で始められますが、使用量が多くなると有料プランへの切り替えが必要になります。

https://www.linebiz.com/jp/

「LINE」は簡単に始められて、僕のフォロワーさんからも評判が良いのでオススメです。

Youtube

「チャンネル登録者数18万人」を誇る整備士Youtuber森本モータースさまとお話しした際に、「車屋はチャンネル登録者数5,000人で十分集客効果がある」とおっしゃられていました。

なぜYoutubeが3大SNSと違って集客に効果があるのかというと、「なんとなく観てしまう」からだと思います。僕も自分の仕事とは直接関係の無い「美容師」「イタリアンシェフ」「クリーニング屋」などのYoutubeチャンネルは気になって観てしまいます 笑

そして繰り返し動画を見る中で、「近所にあったらお世話になりたいな」と思うのも事実です。

ただ、他のSNSに比べると投稿するのが文章・画像ではなく動画なのでハードルは高いと思います。しかし、車屋だと「整備風景」「展示車」など動画のネタがたくさんあるのは救い。実際に僕のフォロワーさんもYoutubeで集客を行っている方が複数います。

まとめ

一般の車屋において、集客に効果的なSNSは「LINE」と「Youtube」です。気になる方はぜひ調べてみてくださいね。

TOP