販売管理

販売時の「自賠責保険料」などの計上方法(売上・原価・粗利)

〔キーワード:売上、原価、粗利益、車両販売、車販、自賠責保険料、自動車重量税、リサイクル預託金、車検切れ〕

車両販売における「自賠責保険料」「リサイクル預託金」「自動車重量税」などの計上方法はユーザー様の会計方針によって異なります。本記事では「自賠責保険料」を例に、一般的な入力方法を説明します。

操作説明

ケース1:仕入時に自賠責が切れていて、販売時に24ヶ月追加する

仕入:200,000円(税込)
販売:400,000円(税込) *内、自賠責保険料20,000円(24ヶ月分)

販売時に「自賠責保険料」を非課税計上するパターン

【販売見積】
【販売見積】の「原価編集」ボタン

ケース2:仕入時に自賠責が6ヶ月残っていて、6ヶ月のまま販売する

仕入:200,000円(税込) *内、自賠責保険料5,000円(6ヶ月分)
販売:400,000円(税込) *内、自賠責保険料5,000円(6ヶ月分)

販売時に「自賠責保険料」を課税計上するパターン

【販売見積】
【販売見積】の「原価編集」ボタン

販売時に「自賠責保険料」を非課税計上するパターン

【販売見積】
【販売見積】の「原価編集」ボタン

ケース3:仕入時に自賠責が6ヶ月残っていて、販売時に18ヶ月追加する

仕入:200,000円(税込) *内、自賠責保険料5,000円(6ヶ月分)
販売:400,000円(税込) *内、自賠責保険料20,000円(24ヶ月分)

販売時に「自賠責保険料」6ヶ月分を課税計上、18ヶ月分を非課税計上するパターン

【販売見積】
【販売見積】の「原価編集」ボタン

販売時に「自賠責保険料」24ヶ月分を非課税計上するパターン

【販売見積】
【販売見積】の「原価編集」ボタン
TOP