顧客・車両管理

車検証QRコードから車両情報を読み取る(QRコードリーダーの場合)

機能説明

QRコードリーダーで車検証QRコードから車両情報を読み取り、車両データに反映できます。

QRコードリーダーに関する注意事項

  • 「2バイト文字」と「QR連結コード」の認識できる、「車検証対応」と明示されたQRコードリーダーをご利用ください。
  • 「BC-NL2200UⅢ(株式会社ビジコム)」で動作確認済みです(Windows10のGoogle Chrome/Microsoft Edge)。「BC-NL2200UⅢ」はこちらのページ(Monotaro)などからご購入いただけます。2022年9月での参考価格13,090円(税込)。
  • 機種に関わらず、動作保証はいたしかねます。端末購入前にデモ機をレンタルするか、返品可能な端末を購入してください。
  • 端末の設定方法についてはサポート外ですので、メーカー様にご確認ください。

BC-NL2200UⅢの設定

「BC-NL2200UⅢで車検証を読み取る際の設定方法を教えてください」とメーカー様に問い合わせたところ下記の通りご案内いただき、それに従い設定すると読み取りできるようになりました。

添付資料の一枚目の方を上から順に読んで頂ければと存じます。二枚目の方は、読み取りテストになりますので、設定を行った際に二枚目のShift-JISのバーコードをExcelもしくはメモ帳で読み取って試して頂ければと存じます。
※リーダーに色々な設定を行っているようであれば一度、工場初期に戻してからお試し頂ければと存じます。
※Microsoft IMEでないとうまく表示できない可能性があります。
※MicrosoftのIMEでうまく表示されない場合、以下の設定にて試していただければと存じます。Windows10の設定にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用する」をオンにしてください。

読み取りに関する注意事項

  • 読取後「改行」が自動挿入されるよう設定してください。
  • 入力モードは「英数」を選択してください。
  • 一部、読み取れない車検証がある可能性もございます。ご報告いただけますと幸いです。

読み取り項目

国交相がQRコードに格納している項目は下記の通りです。これらの項目を読み取り可能です。

車検証の種類読み取り項目
登録車・軽自動車 共通車両番号/車台番号/型式/原動機の型式/型式指定番号/類別区分番号/前前軸重/前後軸重/後前軸重/後後軸重/初度年月/有効期限の満了する日
登録車のみ燃料の種類
軽自動車のみ自動車の種別/用途/自家用・事業用の別/車体の形状/車名/乗車定員/最大積載量/車両総重量/走行距離/使用者の氏名又は名称/使用者の住所

操作説明

【主要】⇒【整備見積一覧】などから、当該車両の「車両編集」をクリックします。

「QR読取(リーダー)」をクリックします。

車検証の種類を選択します。

QRコードリーダーで車検証QRコードを読み取ります。読み取れた箇所が緑色に代わり、全ての✔️が緑色に変わると読み取りが完了し車両データに反映可能となります。

TOP