会計ソフト連携オプション

会計ソフトと連携する(freee)

〔キーワード:フリー〕

機能説明

CarRideから会計ソフトにデータ連携することで、仕訳入力の手間を削減します。(税務に関しましては税理士または税務署にご確認ください。)

下記の会計ソフトに対応しています。

「freee」では連携データが「未決済取引」としてインポートされるため、そのまま消し込みを行えます。詳しくはこちらの「自動で経理を利用して消込を行う」をご覧ください。「freee」の仕様上、「現金仕訳あり」の連携データは出力できません。

事前準備

入金時値引きの勘定科目を設定する

freeeに「入金時値引き」の仕訳をインポートすると、初期状態では「売上高/未払費用」と仕訳されるため、「売上高/売掛金」と正しく仕訳されるように設定にする必要があります。

会計ソフトの公式マニュアルはこちらの「事前準備:未決済取引における赤伝用相手勘定科目の設定(有効化する)」をご覧ください。

「設定」⇒「勘定科目の設定」から「売上高」に関する「支出取引相手勘定科目」「赤伝用の科目を表示」を変更して「保存」をクリックします。

操作説明

手順1:CarRideから連携データをエクスポートする

【主要】⇒【会計ソフト連携】を開き、抽出対象月を選択し、「データ出力」をクリックすると、連携データがエクスポートされます。(TKCの場合は関与先コードを入力してからデータ出力してください。)

手順2:会計ソフトに連携データをインポートする

会計ソフトの公式マニュアルはこちらの「取引データファイルをインポートする(取り込む)」をご覧ください。

「取引の一覧・登録」をクリックします。

「その他の機能」をクリックして、「取引データのインポート」をクリックします。

赤枠内をクリックして、先ほどCarRideからエクスポートした連携データを選択します。

下部に表示される内容を確認して、「登録する」をクリックします。

インポートが完了した後、再び「取引の一覧・登録」をクリックするとインポート結果を確認できます。

補足:連携データの仕様

対象データと勘定科目

連携データには下記7種類の仕訳が含まれます。

整備|売上

売掛金売上高
立替金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「整備ステータス」=「完了(売上対象)」となっている整備データ
    • 「売上計上日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる

整備|入金時値引き

売上高売掛金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「入金時値引き」が入力されている整備入金データ
    • 「入金日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる

整備|現金入金

現金売掛金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「入金手段」=「現金」となっている整備入金データ
    • 「入金日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる
  • 「現金仕訳なし」の連携データには含まれません。

車販|売上

売掛金売上高
前受金または前受収益
立替金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「車販ステータス」=「売約済(売上対象)」となっている車販データ
    • 「売上計上日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる
  • 「メンテナンスパック」の勘定科目は「前受金」または「前受収益」です。

車販|下取り仕入

仕入高買掛金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「車販ステータス」=「売約済(売上対象)」となっていて、「下取車価格」が入力されている車販データ
    • 「売上計上日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる
  • 国税庁によるこちらのタックスアンサーに従い、「車販|売上」の仕訳と「車販|下取り仕入」の仕訳を分けています。
  • 「車販|下取り仕入」の消費税区分は「車販|売上」の消費税区分と同一とします。たとえば、「車販|売上」が非課税の場合、「車販|下取り仕入」も非課税です。

車販|入金時値引き

売上高売掛金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「入金時値引き」が入力されている車販入金データ
    • 「入金日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる

車販|現金入金

現金売掛金
  • 下記条件をすべて満たすデータが対象です。
    • 「入金手段」=「現金」となっている車販入金データ
    • 「入金日」が連携データの「抽出対象月」に含まれる
  • 「現金仕訳なし」の連携データには含まれません。

入金仕訳について

CarRideでは現金入金以外の入金仕訳は出力されません。これは、一般的に会計ソフトは金融機関との連携機能により振込やクレジットカード決済などに対する自動仕訳が可能であり、CarRideからも出力すると重複してしまうためです。金融機関との連携機能については会計ソフトの公式マニュアルをご覧ください。

なお、『現金入金以外の入金仕訳の出力』についてご要望が多数ある場合、対応を検討させていただきます。

TOP